大切な家族だから|葬儀をするなら故人の気持ちを考えよう

故人や遺族の立場に立って

メンズ

一人暮らしの親族が急に亡くなってしまった場合、遺品整理をしなくてはいけません。ですが、整理をするといっても何を捨てて、何を残すのか判断に困ってしまいます。芦屋にある遺品整理業者は、長年の実績があるので迅速に対応してくれると評判があります。

葬式を安価に済ませる

花

低料金プランを利用する

葬儀業者の中には、低料金の葬儀プランばかりを専門に取り扱っている業者がいます。一般的に、安い料金で営める葬儀プランは、参列者数が少なめに想定されています。数多くの弔問客が見込まれる葬式の場合は、それらの人を全部収容できる大きな式場を借りる必要があります。また、通夜ぶるまいの料理や会葬御礼などをたくさん用意する必要があるため、どうしても費用がかさんでしまいます。しかし、少人数で営むこじんまりとした葬式であれば、安い費用で済ませることができます。参列者数が少ない場合、何らかの工夫を凝らさないと葬儀としての体裁を保てなくなりがちです。そうならないようにするための独自のノウハウが必要になるため、低料金葬儀ばかりを専門に取り扱う業者が出てきます。そのような業者を選べば、費用をかけなくても心温まる葬式にすることができます。

最近の傾向について

一昔前まで、低料金プランが利用されるのは、経済的に困窮している人が葬式を出す場合か、身寄りのない人が亡くなって役所が葬式を出す場合だけに限られていました。言い方は不適切かもしれませんが、いろいろな意味で恵まれていない人の葬儀形式だとされていました。しかし、最近では、そのようなマイナスイメージを持つ人が少なくなりました。実際に、経済的な余裕が十分にある人が、葬式に多額の費用をかける必要はないという信念から低料金プランを利用するケースが増えています。たとえ多額の費用をかけることができなかったとしても、そこに故人の死を悼む心が伴ってさえいれば、葬儀として欠けるところは何もありません。逆に、豪華な祭壇を設けて立派な葬式を出したとしても、故人の霊を慰めたいという気持ちが伴っていなければ、とても寂しい葬儀になってしまいます。大事なのは形ではなく心だということを頭に置いて、葬儀プランを決めることが大切です。

葬式のスタイルとして

葬式

家族葬の方法につきましては、シンプルな直葬から一般葬よりこじんまりと身内だけで行う方法まで色々な選択肢があります。従来のような通夜、告別式、繰上げ法要とといった煩わしさは無く、身内だけで執り行いたいという需要にあった形式です。ただ、葬式のあとで親族等から色々言われないよう配慮も必要です。

心の平安を得る場所

仏壇

先祖やもう会えなくなってしまった故人を思う時に、仏壇の前に座る方は多いです。昔ながらの作りの仏壇のほかに今では洋間にも合うものが流通しています。仏壇は小さなお寺です。前に座ってゆったりと過ごせば心の平安が得られます。